介護の仕事に就くには

介護の仕事をするために

日本は高齢化社会が進み、介護の仕事が注目されてきています。

介護の仕事はきつい、汚い、給料が安いというイメージがあり、なかなか長期にわたって勤務し続けることが難しい仕事です。

しかしながら常に求人が出ている仕事だからこそ、やりがいを見出せば一生働ける仕事になります。

未経験で仕事内容を知らない人でも、仕事につくことはできます。

しかし、専門的な資格をとることで、利用者様にも、そして働く側の自分も楽になります。

介護職員初任者研修で介護の仕事が有利に

介護の仕事をはじめてしようと思う方は、「介護職員初任者研修」を受けると就職に有利となります。

この資格は以前「ホームヘルパー2級」という名前でしたが、介護職員初任者研修へと移行されました。

この資格は最短でも一か月、通学と実技があり、実際にグループホームなどに研修に行かなければなりません。

ハローワークの職業訓練制度を受けられる方であれば、授業料は無料(テキスト代等の諸経費は実費となります)で受けられます。

今後の日本の仕事に役立つ介護

資格を取得することで、介護の仕事がしやすくなります。

国では介護職員を増やすべく、介護職員の賃金や研修制度を充実させている事業者を優遇する「介護職員処遇改善加算」という取り組みを行っています。

これまでより手厚い支援をうけることができるため、多くの事業所で従業員の給与の引き上げを行っています。

職員がキャリアアップし、事業者がバックアップすることで、今後の介護の仕事自体の向上を図ることができます。

よりよい福祉のため、やりがいある仕事になると期待しています。

介護の求人を横浜で探しているなら最適です。横浜は交通網が発達していますし、求人の件数が多いために、通勤しやすいところを選べるからです。